k0b0's record.

Computer Engineering, Arts and Books

Git入門 基本コマンド

ローカルリポジトリをリモートリポジトリにプッシュするまで

 Gitの基本コマンドをメモ。とりあえず、ローカルリポジトリを作成してリモートリポジトリにプッシュしてみる。

ローカルリポジトリの作成

 以下のコマンドよりローカルリポジトリを作成する(コマンドは管理を行うディレクトリ内で実行する)。

$ git init

ファイルの変更をコミット

 以下のコマンドによりファイルをコミットする。コミットする際にはコミットメッセージを記録しておく(ログを参照するときに分かりやすいため)。

$ git add [ファイル名]
$ git commit -m "コミットメッセージ"

リモートリポジトリにプッシュ

 以下のコマンドによりローカルリポジトリをリモートリポジトリにプッシュする。リポジトリのURLはGithubで確認する(注意:リポジトリのURLの最後は".git"となっているので抜かりのないように)。

$ git remote add origin [リポジトリのURL]
$ git push orgin master

リモートリポジトリをローカルにクローンする

 以下のコマンドによりリモートリポジトリをローカルにクローンする。

$ git clone [リモートリポジトリのURL]

ローカルリポジトリの変更をリモートリポジトリに反映する

 以下のコマンドによりローカルリポジトリをリモートリポジトリに反映する。

# ローカルの内容をコミット
$ git add -u
$ git commit -m "[コミットメッセージ]"
# リモートに反映
$ git push origin master

その他のコマンド

現在のブランチの状態を確認

$ git status

ファイルの編集履歴を確認

$ git log